注文住宅はある程度の妥協が必要?気になる本音を特別に公開

ダイニングとテラス

注文住宅で満足な家を建てよう

広いキッチン

私の愛知県にある自宅は1年前に注文住宅で建てました。外装は壁の色から屋根の色や形、窓のサッシの色まですべてを自分で決めます。内装も部屋の位置からすべて自分で決めます。家は建ててから何十年も住むものです。自分で細部の細部まで決めれることで後悔のない、一生気に入る家が作れます。
その他にも重要なポイントが、基礎です。基礎は、家が建ってしまってからでは見ることができません。見ることができないのに、何よりも大切な過程です。基礎がきちんとしていなければいくら中身がよくても建物が壊れてしまいます。注文住宅でしたら、基礎の部分から自分の目でしっかり見ることができます。素人目ではよくわからないかもしれませんが、施主の目がある為業者もしっかりやってくれると思います。少なからず、全く目に触れないまま建物が出来上がってしまう建売よりも造りはしっかりしているはずです。私は内装に、キッチンからすべての部屋を見渡すことができる配置にしました。
小さい子供がいても、キッチンで家事をしながら目を配れるような配置にしたかったためです。そのため、我が家はLDKの真ん中にキッチンがあります。そんな珍しい造りなのも注文住宅ならではだと思いますし、壁の一部をアクセントカラーにしたり、自分たちでテイストを決めてそのテイストに合わせて統一感のある部屋にできたりと、本当に自由に自分たちで考えて作れることが強みです。

topics

what's new