注文住宅はある程度の妥協が必要?気になる本音を特別に公開

ダイニングとテラス

注文住宅で注意するポイントとは?

書斎

住宅購入の方法は主に2種類あり、建売を購入するか、注文住宅を購入するかというものですが、多くの人が夢見るのは注文住宅を購入することだと思います。注文住宅とは、購入者が設計士と相談して、建築する土地の大きさや建物の大きさ、間取りなどを自由に設計できるというものですが、注意すべきポイントがあります。
【費用が高い】
注文住宅の場合、ハウスメーカーと購入者の間に設計士が入りますので、必然的に費用が高くなります。工夫を凝らして注文をつければつけるほど値段は高くなります。
【決断力が必要】
すべてのことを自身で決める必要がありますので、決断力が必要です。簡単なところでは、何階建てにするのか、間取りというところですが、煩雑なところとして、壁紙のデザインや色、コンセントの場所や一部屋ごとの数、外壁の種類やデザイン、車の駐車スペースのタイルのデザインなど、すべて決める必要があります。ハウスメーカーの方などに依頼できる場合もありますが、基本的にすべて自身で決める必要があります。
多くの場合一生住む家であり、人生で一番大きな買い物であるため、納得したいところですが、費用や決断という点においてハードルが高いといわざるを得ません。

topics

what's new